リブロ池袋本店閉店へ

中堅書店チェーンのリブロが、東京・池袋の西武百貨店池袋本店に構える本店を6月で閉店するそうだ。本店の移転先は不明とのこと。リブロは「現時点ではコメントできない」としているが、同社の発行済み株式の100%を持つ出版取次大手の日販は「閉店は事実」としているとのこと。リブロは2014年2月期決算で売上高211億円。5年前より5%減ったが、最終利益は2年ぶりの黒字形状となったそうだ。今年2月に松戸店と熊本店を閉める一方、今月千葉店を開く予定で、関係者によると「閉店は経営状態と関係ない」とのこと。西武を傘下に持つセブン&アイホールディングスの鈴木敏文会長の出身企業はトーハンで、出版取次企業では日販のライバル。06年にセブンが西武を買収後は「いずれ撤退を迫られる」とみられていたという。
リブロは1985年、西武百貨店の書籍事業部を分離して設立されたそうだ。芸術、文学など人文系を中心に棚揃えには定評があり、ニューアカデミズムの聖地などと呼ばれた。97年にジュンク堂がオープンするまでは売り場面積が池袋では最大と言われた。本店の移転先が無事決まればいいのだが。