「週刊アスキー」印刷版が休刊

アスキー・メディアワークスの週刊パソコン誌「週刊アスキー」が5月26日発売号を最後に、印刷版の刊行を停止することが分かった。週刊アスキーのネットメディア「週アスPLUS」のサイトに情報が掲載されているそうだ。6月以降は電子書籍版にあたる「週刊アスキー電子版」とネットメディア「週アスPLUS」に完全移行するとのこと。紙媒体としての「習慣アスキー」は実質休刊となるが、電子版は今後従来の紙面のデザインを踏襲しつつも発行間隔を自在に調整して即時性を高めるなど、電子書籍の強みを活かして良質なコンテンツを提供していくとのこと。また「週アスPLUS」はこれを機にサイト名を「週刊アスキー」に改名する予定とのこと。
「週刊アスキー」はアスキー・メディアワークスが発行するパソコン誌。前身となった「EYE-COM」時代から数えると26年もの歴史を持ち、また日本では現存する唯一の週刊パソコン誌として根強い人気があった。時代の流れとともに、紙媒体でのパソコン誌の需要が無くなってきているということなのだろう。惜しまれる声も多いが、今後の電子版に期待しよう。