ATMから14億円不正引き出し

全国17の都府県のコンビニのATMから不正に引き出されたお金の総額は14億4000万円だという。このATMから偽物のカードが見つかっている。捜査に携わる者によると、焼き肉店の顧客カードだという。
これらのカードは、全て南アフリカにある銀行のクレジットカード情報が書き込まれており偽造が発覚。残っていた理由は、ATMが不正を検知し、カードを回収したからであり、警察は、世界各国で流出したクレジットカードの情報を、真っ新なカードに書き込み、偽造カードをbばらまく国際組織が存在している可能性が高いとしている。
捜査に携わる者によると、発覚した都府県は東京、愛知、大阪、福岡などで、コンビニに設置されATM、約1400台から偽造カードが見つかり不正が発覚。
見つかったカードに入っていた情報は、南アフリカのスタンダード銀行のもので、数にして約1600枚分にあたるという。
国際的な犯罪ということは、引き出されたお金はドルなどに両替され海外に出回っているのだろうか。