在沖縄米軍、外出・飲酒制限命令を緩和…

女性暴行殺害事件を受けて沖縄のアメリカ軍は、先月27日から全ての軍人や軍属を対象に、深夜0時以降の外出や基地の外での飲酒を禁止していましたが、28日、この制限命令を緩和したそうです。
こうした中、沖縄の安慶田副知事は27日、沖縄防衛局や在沖アメリカ軍のトップ、ニコルソン四軍調整官を訪れ、制限命令期間中の26日、軍属の男が酒気帯び運転で逮捕された事件を訴えました。
「事故が発生したということは認識が足りないのではないかということをはっきりと申し上げました。そういうことになったことに対しては、責任者として非常に申し訳ないという気持ちだということでした」とのことでした。
アメリカ軍からは新たな再発防止策についての言及はなかったそうです。