ロベルトムージル

父アルフレートは1846年にハンガリー・バナート地方のテメシュヴァールに生まれ、後にグラーツに移住した。母ヘルミーネ・ベルガウアー Hermine Bergauer はオーバー・エースターライヒ州出身である。 アルフレートは、エンジニア、専門学校の校長を経た後、1890年からブリュン工科大学機械工学の教授、1817年には世襲貴族の称号を与えられる。ヘルミーネの祖父も、有名なエンジニアである。ロベルト・ムージルはオーストリアのクラーゲンフルトに生まれる。

元々チェコから移住した家系の為、ムシル、ムジール等様々に発音され、日本の邦訳や研究でもいくつかの異なった表記が行われているが、近年はおおむねドイツ語読みのムージルで定着していると言ってよい(本来のチェコ語の発音ではムシルである)。