総務省が「変な人」を募集

総務省は5月15日、ICT分野でチャレンジングな技術課題に挑戦する個人を支援する「異能vation」(いのうベーション)、通称「へんなひと」プログラムについて、2015年度の募集を始めたそうだ。10人程度を採択し、上限300万円の研究開発費を支援するほか、各界で活躍する「スーパーバイザー」による助言が受けられるという。
「破壊的な地球規模の価値創造を生み出すため、奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する個人」を募集。義務教育修了者で、日本国籍を持っている人か日本の永住を許可されている外国人なら誰でも応募できるそうだ。他薦も可能とのこと。
スーパーバイザーには「Ruby」開発者のまつもとゆきひろさん、ロボットクリエイターの高橋智隆さん、映画監督の三池崇史さんなどが名を連ねているという。
「異能vation」は昨年度に始まった取り組み。昨年度は「ヒト型ロボットに眼力を与えるための研究」「全自動お絵描きプログラム」など個性的な研究が採択されている。今回はどんな「変な人」が選ばれるのだろうか?