「奇跡の子牛」、今年も人気

岡山県勝央町の農業公園「おかやまファーマーズマーケット・ノースヴィレッジ」には、申年の今年も牛の絵馬がかけられた。
ここの牛舎には、1998年10月の台風10号による川の氾濫で、濁流に飲みこまれた当時生後6ヶ月だった牛がいる。約90キロ離れた瀬戸内海の黄島に漂着し、生き延びていたことから奇跡の子牛として話題となった。
元気くんと名付けられたその子牛は、17年あまりたってすっかり成牛となった。そして、来場者は元気くんの強運にあやかろうと、牛舎の柵に絵馬を結び付ける。牛舎のとなりには、「元気くん神社」が設けられている。
2012年からの3年間で、年平均の来場者は約49万7千人に上る。テレビ朝日の番組で紹介されたことで、さらに人気を博した。
元気くんの奇跡の生還は、被災者に希望を与え、歌、絵本や紙芝居にもなったそうだ。名前の通り元気で長生きしてほしいものだ。