桜前線に南下現象

「桜前線の北上」は今は昔になりつつあるという。ここ20年ほど、九州ではソメイヨシノは北部の方が先に咲き、開花の地域が南に向かう南下現象が起きているそうだ。地球温暖化で、花芽が低温で目覚める植物のメカニズム「休眠打破」がうまく働かないのが原因とみられるという。このままのペースで温暖化が進めば、将来は開花しない地域も発生すると警告する専門家もいるそうだ。
今年の九州のソメイヨシノの満開宣言は、3月30日に福岡市と長崎市、佐賀市で同31日、熊本市で4月2日に出された。日本気象協会は大分市と宮崎市を同5日、鹿児島市では同6日と予想しているという。
桜の開花の南下は、沖縄県に咲くヒガンザクラに見られていた現象だったが、1990年代以降は九州のソメイヨシノでも見られるようになったという。気象庁の開花記録によると、60年代は鹿児島市や宮崎県延岡市が全国で最も早く開花し、差が顕著な場合は1週間以上遅れて福岡市で開花という状況だったが、今では福岡市の方が鹿児島市より約1週間早い年もあるという。九州以外の地域では、今でも北上傾向が見られるとのこと。
大きな原因は温暖化とみられている。このまま温暖化が進めばどうなるのだろうか。九州大の伊藤名誉教授がシミュレーションしたところ、九州北部から関東までが3月下旬ごろ一斉に開花、4月以降に九州南部と東北の南部で咲くという。桜前線北上の現象は東北地方でのみ残るそうだ。九州や太平洋側沿岸を中心に開花しても満開にならない地域が増え、九州南部の一部では開花しない地域も出てくるという。
ソメイヨシノは気温に敏感で、開花の状況は温暖化と密接に関係しているという。日本にとってとても身近な花だけに、温暖化を防がなければならない。