反町続投で「相棒15」と劇場版公開へ

俳優の水谷豊が主演するテレビ朝日系人気刑事ドラマシリーズの「相棒season15」が10月より2クール放送されることがわかりました。また、2017年公開を目指し、映画「相棒ー劇場版IVー」がクランクインしていたことが18日にわかりました。
水谷扮する、杉下右京の「相棒」は、昨年の「相棒season14」に登場した反町隆史による冠城亘の続投が確定とのこと。
反町隆による、2シーズン目&初の劇場版への挑戦が注目されます。
水谷豊からは「これまで歴代の相棒とは劇場版に挑戦してきた。そして今回、相棒が冠城亘になった時に映画ができなかったら、反(ソリ)になんて言われるかなと心配していたので、映画化は本当にうれしいです。」と話しました。
また、映画版も冠城亘のユーモアが映画の中に盛り込まれているという。
4代目の相棒にして、史上初の警察官ではない相棒を迎えるという大冒険を乗り越えた「相棒season14」。
3月に放送された最終回では、所属先の法務省を事実上のクビになってしまった亘だが、飛ばされた先は警視庁。
これまで右京からは「同居人」と呼ばれていた亘ですが、「season15」では新たな立場で特命係に戻ってきます。